お知らせ

【リクルート】医療事務(常勤)および電話交換手(パート)を募集します

カテゴリ: ニュース 作成日:2022年08月16日(火)

【リクルート】医療事務(常勤)および電話交換手(パート)の募集を開始しました

詳しくはこちらの募集ぺージをご覧ください。

 

採用募集ぺージ

【8月】休診・代診情報を更新しました

カテゴリ: 休診 作成日:2022年08月16日(火)

8月の休診および代診(時間変更含)情報は以下となります。
外来担当医表と合わせてご確認下さい。

 

【脳神経外科・神経内科】

8/18(木) 終日 長田医師(休診)→代診あり

8/22(月) 終日 長田医師(休診)→診療あり *医師変更の可能性あり

8/24(水) 午後 髙野医師(休診)

 

【内科】

8/22(月) 午後 國香医師(休診)→診療あり

【MRSAフォーラム2022】 一般演題優秀賞を受賞しました!

カテゴリ: ニュース 作成日:2022年08月05日(金)

このたび2022年7月9日に出島メッセ長崎にて行われたMRSAフォーラム2022において、当院薬剤部科長の佐村 優が一般演題優秀賞を受賞しました。

演題名:「ダプトマイシンよるクレアチンホスホキナーゼ上昇のリスク因子探索ならびに発症確率に関するリスク予測モデルの構築」

2022080401

【9月分】コロナワクチン接種外来(3回目/4回目)について

カテゴリ: 予防接種のご案内 作成日:2022年08月05日(金)

当院ではワクチン接種は予約制で接種しております。

直接ワクチン接種でご来院の場合はワクチンの種類、在庫数によっては接種できない場合がございます。

接種希望の方は必ず予約をしていただく様お願い致します。

9月分 コロナワクチン接種外来(3回目/4回目)について

<接種外来開設日>

2022年9月2日(金) ~ 30日(金)

開設曜日 火・金曜日 週2日 祝日は除く
開設時間 14時00分より/接種開始14時30分より

使用ワクチンは武田モデルナ製となります。

8月8日(月) 朝9時30分から予約受付を開始いたします。

予約取得可能時間 月曜日~金曜日 9時30分~15時30分
土曜日 9時30分~12時30分
予約専用ダイヤル(こちら以外では予約できません) 050-3775-1237

専用ダイヤルのみの予約受付となります。代表電話、総合受付、各診療科受付では承っておりませんので、ご注意ください。

【接種条件】

3回目の接種をご希望の方

  • 横浜市民の方または当院かかりつけの方
  • 接種券が届いている18歳以上の方

4回目の接種をご希望の方

  • 横浜市民の方または当院かかりつけの方
  • 接種券が届いている60歳以上の方または18~59歳の基礎疾患を有する方

 

【お持ちいただく物】

①接種券

②予診票

③当院診察券

接種券をお忘れになると接種できませんのでご注意ください。

院内滞在時間の短縮、密を避けるため予約時間の15分前にお越しください。

※ご予約のキャンセルは2日前10時までに予約センターへ必ずご連絡をお願いします。無断キャンセルされた場合、次回のご予約をお断りさせていただくこともありますので、予めご了承ください。

[産婦人科] シルガード®9ワクチン接種について(全額自己負担となります)

シルガード®9について

2021年2月24日に国産の子宮頚がん(HVP)9価ワクチンであるシルガード®9が製造販売承認されました(不活化ワクチン)。正式な名称は「組換え沈降9価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン」です。

日本では年間約10,000人の女性が子宮頚がんにかかり、約2,900人が命を落としています。今まで9価のHPVワクチンは販売がありませんでしたが今後は、国産のワクチンが接種可能となります。

予約開始日は2021年(令和3年)5月10日(月)~
接種開始日は2021年(令和3年)5月13日(木)~

料金について

1回接種分 29.800円(税込)
お支払いは現金、クレジットカードが利用できます。

注意事項について

  • シルガード®9は公費のワクチンではなく、全額自己負担となります。
  • 事前に「ワクチンQダイアリー」の登録が必要となっておりますので、この登録をせずに接種を受けることができませんので、ご注意ください。
    ※接種を受けられる方は、下記にあります「ワクチンQダイアリー」を必ずお読みになってください。お読みになったあと、「新規利用登録/ログイン」をお願いします。
  • 登録は、お持ちのスマホ等で実施していただきますので、ご持参ください。
    (バッテリー切れの場合だと接種の確認ができませんので、ご注意ください)
  • 接種適応年齢は9歳以上で上限はなく、3回接種が基本となります。また、発熱がある方や妊娠、授乳中、高齢者は対象外となっております。
  • 接種対象は女性のみとなります。

他のワクチンとの関連について

  • 一般的に生ワクチンといわれるもの(はしか、風疹、水痘、おたふくなど)を打ったあとは、どんなワクチンでも4週間あける必要があります。生ワクチン以外のワクチンは間隔をあける必要はありません。
  • 新型コロナウイルスのワクチン接種がはじまりますが、新型コロナウイルスワクチンは、「どんな種類のワクチンも、接種前後2週間間隔をあけてください」という推奨がアメリカの疾病予防管理センター(CDC)からでています。

接種の流れについて

  1. 各問診票・ワクチンQダイアリーの記入、入力後に医師の診察を行います。
  2. 未成年の場合は、親の同意が必要となりますので、保護者同件の上、ご来院ください。
  3. 医師または看護師よりワクチンの説明後、接種します(接種方法は筋肉内注射です)。
  4. 接種後は副作用確認のため、30分は院内で安静にしていただきますが、気分が悪い、体調の変化があった場合はすぐに医師に相談ください。
  5. 予約センターにて予約を取得してください。初回接種時に2回目の予約(初回接種から2ヶ月後)、2回目接種時(初回接種から6ヶ月後)に3回目の予約をお願いします。

ワクチンQダイアリーはクリックすると詳細をご覧いただけます(PDF版となります)

  • obstetrics and gynecology01
  • obstetrics and gynecology02

新規利用登録/ログインは、こちら からでもできます

肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)について

肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)について

一部制限をかけていた肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)について、製薬会社からの供給が回復したため2021年10月6日より予約を再開いたしました。

※完全予約制での接種となりますので、予約取得していない場合には接種できません。
また、接種当日の予約受付もできかねますので3営業日前までに予約取得をお願いします。

ご予約を希望される方は、045-902-0001までご連絡ください。

在庫がない場合には、予約受付できませんのでご了承ください。

新型コロナウイルス陽性者の発生について(第1報.8.4.2022)

カテゴリ: 当院の感染対策について 作成日:2022年08月04日(木)

新型コロナウイルス陽性者の発生について(第1報)

8月1日に入院患者さん1名が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

これに伴い関係する患者さんおよび職員に対して検査を行ったところ、入院患者さん6名の陽性が判明いたしました。
皆様にはご心配ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご配慮をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
  
当院の診療体制について
・当該病棟の新規入院は原則中止
・外来診療等は通常診療を実施

令和4年8月4日

    医療法人社団緑成会 横浜総合病院 

プロムナード8月号を発行しました

カテゴリ: イベント・メディア 作成日:2022年08月01日(月)

プロムナード8月号

prom01

【特集1】

・横浜市認知症疾患医療センターについて/長田医師

【特集2】

・肝細胞癌について/高畑医師

【VOICE】

・カタールW杯で盛り上がろう!

・オーストラリア留学を経て

【よこそうヘルスケア】

・トレーニングのすすめ

【よこそうニュース】

・新型MRIを導入しました   

・7月入職医師のご紹介

・病院ホームページをリニューアルしました

 PDF版はこちらで読むことができますのでご利用下さい。

プロムナード2022年8月号(PDF版)

【8月】外来担当医表を掲載しました

カテゴリ: 患者さんへ 作成日:2022年07月29日(金)

外来担当医表を掲載しました。

休診および代診もございますのであらかじめご注意下さい。
休診につきましては当ホームぺージのお知らせよりご案内します。

2022年8月外来担当医表はこちら

【予約受付】新型コロナワクチン接種(3回目・4回目)9月実施分について

カテゴリ: 患者さんへ 作成日:2022年07月29日(金)

9月分の接種予約は、8月8日(月) 朝9時30分から予約受付を開始いたします。

詳細はこちらのページをご覧ください。

産後のお母さんにリハビリ始めました

カテゴリ: ニュース 作成日:2022年07月26日(火)

妊娠・出産・育児期は、劇的な体型変化や抱っこ・授乳などの慣れない動作や姿勢などにより、
腰痛や肩こり・下肢のむくみ・尿漏れなど様々な症状が出ることがあります。
そこで、姿勢や体の使い方のプロである理学療法士による骨盤ケアを中心とした身体のチェックや動かし方、運動ケア(産褥体操・骨盤底筋群体操など)等を取り入れています。

出産後、早い時期に介入することで身体の回復を促進し、スムーズに育児を開始出来るよう、

原則として産後2~3日目(帝王切開の方は術後1日目と6~7日目)に介入しています。
担当する理学療法士は全員女性で1対1で行います。リハビリ部と産科で協働し、

総合病院ならではのサポートを行っていきます。

横浜市認知症疾患医療センターからのお知らせ

カテゴリ: イベント・メディア 作成日:2022年07月25日(月)

第19回青葉区認知症勉強会

<お詫び>
ご講演は、オンライン配信のみとさせていただくこととなりました。

講師:小川敬之先生(京都橘大学 健康科学部作業療法学科)

『認知症の深い理解』
地域共生に向けて何ができるか

日時:2022年8月3日(水) 19:00開始

会場:メロンディアあざみ野大会議室(オンライン配信あり)

参加費:無料申込連絡先:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
(メールで申し込みを頂いた方にはZOOM URLをお送ります。)

 

第19回青葉区認知症勉強会

Copyright © 横浜総合病院 All Rights Reserved.