検査部

検査部について

検査部は、患者さんから採取された血液や尿などの検体を扱う検体検査と、心電図のような患者さんの協力を得て行う生理機能検査の二つに大きく分かれています。

血液・尿・便など一般的な検体検査では複数の機器と顕微鏡、技師の「目」を駆使し、迅速で正確な検査結果を報告できるよう精度管理を行っています。 その他、安全な輸血を行うための輸血検査、また、細菌検査を導入し、感染拡大を防ぐための迅速(塗抹)検査を行っています。

生理機能検査では最も頻度の高い心電図検査のほかに、肺機能検査や両手足の血圧値から動脈硬化を判断するABI検査などを行っています。 その他、超音波検査では超音波検査士を中心に、心臓弁膜症など心疾患を診る心臓超音波検査、頸部・大腿の動脈硬化性閉塞性疾患やエコノミークラス症候群で有名な下肢深部静脈血栓症などを診断する血管超音波検査、 胆石や腫瘍などを診断する腹部超音波検査などを行っています。神経生理検査では脳波検査や睡眠時無呼吸を調べる検査のほか様々な検査を行っています。

 

検査部

Copyright © 横浜総合病院 All Rights Reserved.