ごあいさつ

病院理念

「心技一如」 心と身体、技力は一つ

横浜総合病院は1976年(昭和51年)の開院以来、青葉区の中核病院として地域医療を支えてきました。

地域に根差す病院として地域住民の皆様の期待に応える医療を展開してまいります。

基本方針

  • 安心の医療、保健、介護、福祉を提供します。
  • 他の医療機関と協調して地域社会に貢献する総合医療サービスを提供します。

行動指標

  • 職員は自己研鑽および教育を継続して行い最新の医療を提供します。
  • 個々が持つ専門的知識と技術を連携して、患者さんに最適なチーム医療を実践します。
  • 患者さんの目線に立った医療に関する説明とプライバシー保護に努めます。

ご挨拶

院長 平元周

プロフィール

1979年弘前大学医学部卒業

北海道出身

聖路加国際病院、弘前大学脳神経疾患研究施設、北品川病院を経て、1989年に横浜総合病院脳神経外科に着任し、2004年より現職。

東邦大学客員講師。

日本脳神経外科学会専門医、日本救急医学会救急専門医。専門は脳卒中、頭部外傷、救急医療。

座右の銘:不屈の精神

好きな音楽:フォークソング

趣味:昆虫観察

私が医師として心がけてきたのは、医療技術がどんなに進歩しても、医療というのは「機械」ではなく「人間対人間」の部分に あるということです。

きめ細やかで丁寧な応対、診断、説明、そして信頼関係にのっとった治療。こうしたことを大事にして横浜総合病院は第一に地域の皆様方に愛される、温かで居心地の良い病院、そして救急隊から信頼される病院を目指しております。 もちろん提供する医療も最高のものを目指さなくてはなりません。

「心技一如」という病院理念の下、治療の質の点でも、周辺の大学病院に引けを取らないよう日々努力をする決意です。 また、大病院はともすれば各科ごとの敷居が高く、連携がうまくいかないという問題がありますが、専門医同士の相互間の連携を良くし、外科・内科の壁を超えて治療に当たれるような、 いわゆるセンター方式の理念を取り入れた診療科構想を展開し、 横浜総合病院としての特色を作っていきたいと考えております。

その構想の中で、ハートセンターがスタートしましたが、このような新しい構想とともに、既存の診療科もさらに充実させ、専門性・独自性を追求しながら大病院にないような小回りのきく診療体制を確立し、病院に受診に来られる皆様方の症状のコントロール、 十分なコミュニケーション、親切なもてなしがきちんとできるよう病院を作り、質の高い丁寧な医療の提供を心がけていきたいと思っております。

医療法人社団緑成会 横浜総合病院
院長平元 周

Copyright © 横浜総合病院 All Rights Reserved.