専門・認定看護師

専門・認定看護師

認定看護師ってどんな看護師?

認定看護師は、高度化し専門分化が進む医療の現場において、水準の高い看護を実践できると認められた看護師です。

どんな資格ですか?

看護師として5年以上の実践経験を持ち、日本看護協会が定める615時間以上の認定看護師教育を修め、認定看護師認定審査に合格することで取得できる資格です(5年毎に資格更新)。

感染管理認定看護師

吉岡 美幸 (左から1番目)
夏堀 恵美子(左から2番目)

感染管理認定看護師の役割は、患者さんが安全な環境で治療を受けられ、職員が安全に働けるように、院内感染の減少を目的として感染管理をすることです。 そして、医師・薬剤師・検査技師と職種を越えた感染対策チームに所属し、自施設の感染に関する状況把握・分析・監視や職員への感染予防教育など組織横断的に活動をしています。地域連携により他施設とも協力をしており、今後さらに地域に根ざした活動にも力を入れていきたいと思います。

救急看護認定看護師

髙倉 加代(左から3番目)

救急患者さんの特徴は、急病・事故などにより、いつでもどこでも誰にでも起こりうるというところにあります。
そのような患者さんとご家族がいる場所であれば院内、院外を問わず看護を提供できるように体制を整えるのが救急看護認定看護師の役割です。
今後、救急看護を必要とする患者さん、ご家族の気持ちに寄り添えるよう活動をしたいと思います。

緩和ケア認定看護師

岩渕 あや(左から4番目)

病気によって起こる苦痛は様々です。緩和ケアでは、このような患者さんの辛さをトータルペイン(全人的苦痛)として、痛みなどの身体症状や心理的社会的問題、スピリチュアルな問題などを少しでも緩和できるようにしていきます。 病気になってもその人らしい生活を送れることができるように多職種と協同し、チーム全体で患者さんやご家族を支えられるようにします。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

興津 春子(左から5番目)

脳卒中急性期にある患者さんの臨床的判断を行い、重篤な状態を回避するためにケアにあたっています。 脳卒中の患者さんは、突然の発症に伴い、麻痺や高次脳機能障害などさまざまな後遺症をもった状態での生活を余儀なくされるため、入院中から退院後の生活を見据え一貫した回復支援が必要になります。 そのため、患者さん、ご家族の自己決定を尊重し、住み慣れた地域で暮らせるために、チーム医療の一員として多職種と協働しています。

アドバンス助産師

助産師12名中6名がアドバンス助産師として活動中です(2019.10月現在)。5年毎の更新制で、認定後も自己研鑽に励み後輩育成にも尽力しています。 「ゆりかごから墓場まで」女性を中心とし、周囲の方も含めたライフサイクルに合わせ、自立したケアを提供できるよう、さらなる能力発揮に磨きをかけていきたいと思っています。

ICLS

ICLS(immediate cardiac life support)コースとは、突然の心停止に対する最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生を習得するためのコースです。
BLS (1次救命処置)、ICLSのコース開催を通し、日本救急医学会認定インストラクターとして、スタッフの知識、技術の向上、インストラクター育成に力を入れています。

災害

大地震・台風・豪雨・東名高速自動車大事故など大規模災害はいつ起こるか分かりません。怪我を負った方、病気の方が一カ所の病院に集中しないように近隣病院と協力し傷病者の受け入れを行います。
日頃から当院の対策を災害対策委員会中心となり、話し合い・訓練を行っています。

DMフットケアナース

糖尿病の患者様を対象にしたフットケア外来を担当しております。
長期間血糖が高いと足のトラブルが多くなり、自分で出来るケアが難しくなることがあります。爪を切り過ぎたり、魚の目を無理にちぎってしまうと、感染症から壊疽(えそ)になる危険性もあります。 思い当たる方は当院でおかかりの医師にご相談していただき、フットケア外来の予約をするように、お勧めします。

  • あざみ野健診クリニック
  • 横浜シルバープラザ
  • 特別養護老人ホーム 緑の郷
  • 地域貢献送迎バス