メニュー

お産にまつわるケア | 横浜市の産婦人科マタニティセンター

お産にまつわるケア

アロマセラピー

妊娠・出産・産後を通し、症状に応じてアロマセラピーを積極的に取り入れています。
芳香浴・トリートメント・足浴・入浴など。
出産の翌日(帝王切開の方は術後6日目)アロマオイルによるフェイシャルトリートメント(マッサージ)をさせていただいています。
ごゆっくりお休みください。

※感染防止のため中止しております。

※当産婦人科は、日本アロマセラピー学会認定助産師1名、日本アロマ環境協会認定アドバイザー1名、アロマコーディネーター協会認定アロマコーディネーター1名、NARD認定アロマアドバイザー1名が在籍しています。

アロマセラピー

母子の過ごし方 (母児同床)

基本的には母児別室となっていますが、ご希望により日中、ママのベッドで赤ちゃんと過ごせる時間を設けています。(=“ふれあいTime”と呼んでいます)
夜間は、新生児室で赤ちゃんをお預かりしますので、ママはゆっくりと休むことができます。

入院中にお産の疲労を回復しましょう。

初めてのお産の方は、日中赤ちゃんと過ごす時間を体験してみましょう。少しずつ赤ちゃんとの生活をイメージできるようお手伝いいたします。

 

平成28年6月1日より、赤ちゃんとごきょうだいの面会が可能となりました。

(出生日は、限られたスペースでの面会となります)

また、ふれあいTimeの時間を9:30~20:00まで延長いたします。

面会時間中は、ご家族・ご親族の方のみ、ママの病室で赤ちゃんと一緒に過ごすことができるようになりました。(面会規定、アルコール消毒は厳守していただきます)

  

※ご希望により夜間の授乳も可能です。
※感染症等の蔓延時は、ふれあいTimeができないことがありますので、ご了承ください。

※現在、感染防止のため中止しております。

母子の過ごし方(母児同床)

母乳指導

母乳育児を基本にしています。
出産が終えたからといってすぐに母乳が出るわけではありません。
妊娠中から、おっぱいマッサージ・体操・ケア・食事指導を取り入れることにより、母乳栄養の確立を目指しています。

 

※授乳時間:出産の翌日から授乳を始めます。赤ちゃんが泣いたら授乳をしていただき、母乳の量により、ミルクを補うこともできます。夜間は、スタッフが搾乳した母乳やミルクを飲ませますので、ママはゆっくり休んでください。ご希望により夜間の授乳も可能です。
(母乳分泌にはまずは休息が大切です。)

母乳指導

入院中の指導 (集団指導)

退院指導

産後の過ごし方(ママ、赤ちゃん)、授乳、ミルクの作り方、育児について、食事指導、家族計画指導、産後の性生活などについて

沐浴指導

赤ちゃんのお風呂の入れ方
当産婦人科では、小児科医の監修の元、スキンケア入浴法を取り入れており、保湿ケアに力を入れています。
※初めてのお産の方は、ご退院までにご自分で一度お風呂に入れてみることもできます。

 

スキンケア入浴法とは、従来の湯の中で体を洗う方法ではなく、湯の外で泡の洗浄力を用いて十分に体を洗い、保湿ケアを大切に考えている方法です。

この方法を用いることにより、赤ちゃんのアレルギー疾患の発症率が軽減することができると言われています。

また、当院ではナチュラルサイエンス株式会社のママアンドキッズトライアルキットをプレゼントしております。

退院後、ご自宅で是非使用してみてください。

 

調乳指導

ミルクの作り方について、ミルク会社の方より指導があります。

産後のフォロー 

電話訪問

いざ退院してみると
「これでいいのかな?」
「おっぱいは足りてるかな?」
など、具体的な不安や心配が出てくると思います。
安心して楽しく育児を行っていけるように、ご退院後7~10日頃に病棟スタッフよりお電話をさせていただきます。

※ご希望者のみとさせていただいております。

 

産後2週間健診

産後2週間健診が始まりました。横浜市では母子手帳交付時に産婦健康診査費用補助券がついています。

当院で分娩した方は全員対象です。

産後のフォロー(電話訪問)