病院の取り組みと情報公開

臨床研究に関する情報公開について(オプトアウト)

通常、臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で説明・同意を行い実施します。臨床研究のうち、患者さんへの侵襲や介入もなく診療情報等の情報のみを用いた研究や、余った検体のみを用いるような研究については、 国が定めた指針に基づき対象患者さんから直接同意を取得する代わりに、研究の目的を含めて情報を公開し、更に拒否の機会を保障する方法があります。このような手法を「オプトアウト」と言います。
オプトアウトを用いた臨床研究は下記のとおりです。なお、研究への協力を希望されない場合は、下記文書内に記載されている各研究の担当者までお知らせください。

  1. 一般社団法人日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical Database:JND) :脳神経外科
    日本脳神経外科学会データベース研究事業(JND)研究に対するご協力のお願い
    同意撤回書
    当院での脳神経外科治療を受けた患者さんへのお願い
  2. カテーテルアブレーション症例全例登録プロジェクト(J-ABレジストリ):循環器内科
    医学研究実施のお知らせ
  3. 腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術後における傍ストーマヘルニアに関する検討:外科
    横浜総合病院を受診された患者さまへ
  4. 当院におけるClostridioides difficiie アウトブレイク感染対策の取り組み:感染対策室
    横浜総合病院を受診された患者様へ【感染対策室】
  5. 青春期野球選手における前屈型腰痛と後屈型腰痛における股関節可動域の関係調査:リハビリテーション科
    横浜総合病院を受診された患者様へ【リハビリテーション科】

学術研究へのご協力のお願い

横浜総合病院では、医療の質の向上を目的とし、一般社団法人National Clinical Database(以下、NCD)が行う症例登録データベース事業に協力しています。

NCDトップページ
http://www.ncd.or.jp/
NCDについて
http://www.ncd.or.jp/about/

NCDを基盤とした保険請求データ(DPC・レセプトデータ)の収集と研究利用について

多くの関連する臨床学会が連携して2010年に立ち上げました一般社団法人National Clinical Database (以下、NCD)では、我が国の医療の現状を把握するため、日本で行われている手術やインターベンション、剖検などの情報を登録するデータベース事業を行って参りました。 これまでNCDでは、集められた手術成績などのデータを用いて、関連学会主導のもと、日本の医療の質を評価し、そのレベルの高さを世界に示して参りました。
一方、日本の医療を取り巻く環境は変化を続けています。経済、高齢化などに影響を受け、高額な医療資源の利用や地域医療における資源配分など、現場の臨床に影響を与えうる社会的な課題が多くあります。 この度NCDでは、このような課題に対応すべく、日本医療研究開発機構(AMED)の支援を受けた「医療の質向上を目的とした臨床データベースの共通プラットフォームの構築」研究班(研究代表者 宮田裕章)の委託のもと、保険請求データの収集を開始いたします。 従来より登録されている臨床的な情報に、保険請求情報に含まれる薬剤や医療機器などの使用情報などを追加し、医療の質や資源の利用実態を評価できる基盤を構築することが目的で、NCDに参加する医療機関を受診されたすべての患者さまが対象となります。
日本の医療の質のますますの向上、そして患者さまへ最善の医療を提供し続けるための臨床現場の取り組みを、引き続き全力で支援して参りたいと存じます。何卒ご理解を頂き、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申しあげます。

一般社団法人 National Clinical Database
代表理事 岩中 督

  1. 本研究への参加について
    NCD本体事業同様、研究への参加は、患者さんの自由な意思に基づくものであり、参加されたくない場合は、データ登録を拒否して頂くことができます。なお、登録を拒否されたことで、日常の診療等において患者さまが不利益を被ることは一切ございません。
  2. 登録される情報の内容
    本研究では、NCD本体事業で登録される日常の診療で行われた検査や治療の契機となった診断、手術などの各種治療やその方法などの情報に加え、氏名や住所などの情報を含まない保険請求に関わる情報を収集致します。 この情報には治療に使用された薬剤や医療機器の情報などが含まれ、暗号化された状態で暗号化通信を用いてNCDへ提供されます。これらの情報はそれ自体で患者さま個人を特定することはできないものですが、 登録される情報と同様に、厳重に管理致します。情報の取り扱いや管理にあたっては、関連する法令や取り決め(「個人情報の保護に関する法律」「人を対象とした医学系研究に関する倫理指針」「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイダンス」 「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」など)を遵守いたします。登録されたご自身のデータをご覧になりたい場合は、受診された施設にお問い合わせください。
  3. 収集される情報の使われ方
    収集された情報はNCD本体事業で登録された情報と連携して、参加施設の治療成績向上や参加施設ならびに各種臨床領域へのフィードバックに用いられます。 また、医療資源の利用実態の把握や評価などの研究に用いられます。どちらの場合にも集計・分析をされた統計情報としてのみ報告され、患者さん個人を特定可能な形でデータが公表されることは一切ありません。 NCD本体事業同様、情報の公開に当たってはNCD内の委員会、関連学会などで十分に話し合いを行い、承認を受けた情報のみが公開されます。

    お問い合わせについては、受診された医療施設・診療科スタッフまたはNCD事務局までご連絡ください

National Clinical Database事務局
URL:http://www.ncd.or.jp/

平成30年 患者満足度調査結果報告について

当院では毎年1回、患者満足度調査を実施しております。患者満足度調査を通じて、患者様から頂きました評価、お叱り、励ましを病院全体にフィードバックし、より一層のサービス向上を図ってまいります。
調査にご協力頂きました患者様・ご家族の皆様にはあらためて御礼申し上げます。ありがとうございました。

  1. 実施期間
    ❋入院   平成30年6月11日~30日
    ❋外来   平成30年6月11日~16日
  2. 回答件数
    ❋入院   166枚(配布240枚 回収率69.2%)
    ❋外来   365枚(配布400枚 回収率91.3%)
  3. 調査項目について
    ❋添付のPDF【患者満足度調査結果(入院)・(外来)】をご覧ください。
    平成30年 患者満足度調査結果(入院)
    平成30年 患者満足度調査結果(外来)
  4. 患者満足度調査結果報告に関する問い合わせ先
    横浜総合病院 総務課 045-902-0001 メールアドレス yokoso-info@yokoso.or.jp

認知症への取り組み

平成28年9月より横浜市より委託を受け、青葉区認知症初期集中支援チームが横浜総合病院に設置されました。

<認知症初期集中支援チームとは>
高齢者の増加によって今後認知症の方がさらに増えることが予測されています。認知症では早期に発見することによって、もの忘れや日常生活動作の障害といった症状を遅らせるための治療や、 進行のリスクとなる生活習慣病に対しての治療を受けることができます。しかし現在のところ認知症が進行して問題が生じてからの事後的な対応になっているケースが多いのが実状です。 そのため国でも省庁横断的に認知症対策として行っている取り組みのなかで、平成27年度から認知症初期集中支援事業が創設されています。 青葉区でも平成28年度から横浜総合病院に初期集中支援チームを設置して、認知症が疑われる方を円滑に医療や介護に導く活動を開始することとなりました。 メンバーは認知症専門医3名、看護師2名、作業療法士3名、社会福祉士1名で構成されています。

(参考)認知症初期集中支援チームについて
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12600000-Seisakutoukatsukan/0000035310.pdf

(青葉区認知症初期集中支援チームホームページ)
http://www.aoba-nintisyou.com/

<お問い合わせ先>
お問い合わせ窓口は、お住まいの地区の地域包括ケアプラザとなります。
※病院では直接受付をしておりません。ご注意ください。

反射材を付けて事故を減らしましょう!

青葉警察署・交通安全協会による反射材を貼り付けるキャンペーンを行いました。高齢者を対象に夜間の歩行者による交通事故が急増中で減らそうというキャンペーンです。正面玄関にて来院された方に声掛け活動、患者さまの協力を得て反射材シールの貼り付けを行いました。 今後も交通事故を少しでも減らそうという活動に地域の皆さまと一緒に協力していきたいと考えております。

  • あざみ野健診クリニック
  • 横浜シルバープラザ
  • 特別養護老人ホーム 緑の郷
  • 地域貢献送迎バス