メディカルスタッフ

メディカルスタッフ部門についての情報がご覧いただけます。

薬剤部 放射線部 検査部 臨床工学部 栄養管理部 リハビリテーション部

薬剤部

地域の患者さんに信頼され医療チームの一員として判断し責任を持つ薬剤師

当院は医師、看護師を始めとした医療スタッフとの密な連携が特徴です。
薬剤師の役割は、入院から外来まで一貫して患者さんに処方されたお薬が好ましい効果を発揮し安全で安心して使用されるように努めることにあります。

そのため、薬剤師が終日病棟に常駐し医師がお薬を処方する際に薬剤師と相談する体制を整備することで、入院中の個々の患者さんに合ったお薬を使用できるように努めております。 また患者さんが退院後もうまく薬とお付き合いできるよう入院中の服薬支援に力を入れております。
さらに24時間体制で外来患者さんの調剤を行うことで、地域の患者さんが安心してお薬とお付き合いできることを目標に日々の業務を行っております。

外来調剤

抗癌剤調製

処方検討・提案

症例検討会

※薬剤部のホームページを立ち上げました。是非ご覧ください。

薬剤部のホームページ

画面をクリックすると薬剤部のホームページへリンクできます

お薬手帳について

お薬手帳の役割は、かかりつけの病院・医院や薬局にお持ちいただくと、医師・薬剤師が記録をチェックする為、薬の飲み合わせや副作用の防止に役立ちます。
更に、既往歴や、薬・食べ物等のアレルギーの有無、よく服用している健康食品を記入していただくと、よりご本人にあったお薬を検討することができます。
薬局等で一般用医薬品を買う際にも、薬剤師にご提示いただくと、より適したお薬のアドバイスが得られます。このように役立つお薬手帳は、当院でもお渡ししています。
尚、お薬手帳をお持ちの方は、待ち時間短縮の為、会計終了後にお薬手帳と引換券を薬剤部窓口前におります案内係または薬剤部窓口にお渡し下さい。
交換に番号を書いた引換券をお渡しします。内容確認後、お薬と同時に、処方内容を記載したお薬手帳をお返しします。
お薬手帳をお持ちではない方、薬剤に関する不明点がございましたら薬剤部スタッフまでお声かけください。

お薬手帳の活用法

  1. 病院、歯科医院や薬局へ行くときには、必ずお薬手帳を持参して提示しましょう
  2. ドラッグストアなどで市販のお薬などを買う時にもお薬手帳を持参しましょう
  3. お薬を飲んだ時の症状の変化や気になったことがあればお薬手帳にメモしておきましょう
  4. 複数の病院にかかられている場合でも、お薬手帳は1冊にまとめておきましょう
  5. お薬手帳は常に持ち歩きましょう

専門認定

薬剤部では各領域に専門認定の資格を持った薬剤師が多数在籍しています。
なにか薬物治療にご不安・ご不明な点があればご遠慮なくご相談下さい。

認定団体名称 認定資格名称 取得人数
博士(薬学) 1名
日本医療薬学会 医療薬学指導薬剤師 1名
日本医療薬学会 医療薬学専門薬剤師 2名
日本医薬品情報学会 医薬品情報専門薬剤師 1名
日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師 2名
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 9名
日本臨床腫瘍薬学会 外来がん治療認定薬剤師 1名
日本臨床栄養代謝学会 NST専門療法士 1名
日本腎臓病薬物療法学会 腎臓病薬物療法認定薬剤師 4名
日本アプライド・セラピューティクス学会 ワークショップ認定薬剤師 2名
日本糖尿病療養指導士認定機構 糖尿病療養指導士 2名
日本病院薬剤師会 病院薬学認定薬剤師 4名
日本薬剤師研修センター 実務実習指導薬剤師 1名
日本病院薬剤師会 認定指導薬剤師 4名
日本薬剤師研修センター 漢方・生薬認定薬剤師 2名
日本アンチ・ドーピング機構(JADA) スポーツファーマシスト 3名
日本骨粗鬆症学会 骨粗鬆症マネージャー 3名
リウマチ財団 リウマチ登録薬剤師 4名

放射線部

放射線部では常に安定した機器環境のもと安心して安全な検査を受けて頂けるように被被曝低減・機器管理に努めております。

当院には一般撮影装置(2台)をはじめ最新鋭64列マルチスライスCT(2台)、MRI装置(1.5テスラ)2台、デジタルマンモグラフィー(乳房専用撮影装置)、骨密度測定、 血管撮影装置(全身用1台、心臓血管用1台)、X線TV撮影装置、移動式撮影装置など急性期医療に対応可能な機器を備え、24時間担当技師が待機しております。

また、あざみ野健診クリニックとの連携や最近注目されている「乳がん検診」などを行い、上記の最新機器により質の高い検査を提供しております。 更に地域の医療機関との連携強化によりCT・MRI等、多くの検査依頼も頂いております。

患者さんにおきましては、大きな装置を目の前にされ、慣れない検査を受けられる事や放射線の影響など色々な不安がある事かと思います。小さな事でも結構ですので気軽にお尋ね下さい。 良い検査を行う為には患者さん自身のご理解・ご協力が必要です。担当技師は常に患者さんと一緒に検査に臨むよう心がけております。

一般撮影装置1

一般撮影装置2

CT(第一)

CT(第二)

MRI

MRI(地下)

デジタルマンモグラフィー

骨密度測定

血管撮影装置(心臓用)

血管撮影装置(全身用)

X線TV撮影装置

移動式撮影装置

MRI撮影に関する注意事項

MRIとは、磁気共鳴画像(Magnetic Resonance Imaging)の略で、X線を使わず強い磁石と電磁波を使い体内の状況を描写する検査です。そのため、検査を受けるには磁石や電波に対する注意を払わなければなりません。
例えば、心臓ペースメーカーや人工内耳を装着している方は基本的に検査できませんし(今は検査可能な機器も開発されています) 、クリップや骨接合プレートは事前にご確認させて頂きます。また、補聴器や入れ歯などは外して頂きます。
安全に検査を受けて頂くために、当院では検査前に必ず問診票によるチェックを行っております。ご理解とご協力をお願い致します。不明点がございましたらご遠慮なく声をかけてください。

専門認定

放射線部では各領域に専門認定の資格を持った放射線技師が多数在籍しています。
ご不安・ご不明な点があればご遠慮なくご相談下さい。

認定団体名称 認定資格名称 取得人数
日本診療放射線技師会 放射線機器管理士 1名
日本診療放射線技師会 放射線管理士 1名
日本診療放射線技師会 医療画像情報精度管理士 1名
日本診療放射線技師会 Ai認定診療放射線技師 1名
日本診療放射線技師会 下部消化器管(注腸)認定診療放射線技師 1名
日本X線CT専門技師認定機構 X線CT認定技師 2名
日本CT検診学会 肺がんCT検診認定技師 2名
日本救急撮影技師認定機構 救急撮影認定技師 1名
日本乳がん検診精度管理中央機構 検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師 3名
文部科学省 第1種放射線取扱主任者 1名
文部科学省 第2種放射線取扱主任者 1名

検査部

検査部は、患者さんから採取された血液や尿などの検体を扱う検体検査と、心電図のような患者さんの協力を得て行う生理機能検査の二つに大きく分かれています。

血液・尿・便など一般的な検体検査では複数の機器と顕微鏡、技師の「目」を駆使し、迅速で正確な検査結果を報告できるよう精度管理を行っています。 その他、安全な輸血を行うための輸血検査、また、細菌検査を導入し、感染拡大を防ぐための迅速(塗抹)検査を行っています。

生理機能検査では最も頻度の高い心電図検査のほかに、肺機能検査や両手足の血圧値から動脈硬化を判断するABI検査などを行っています。 その他、超音波検査では超音波検査士を中心に、心臓弁膜症など心疾患を診る心臓超音波検査、頸部・大腿の動脈硬化性閉塞性疾患やエコノミークラス症候群で有名な下肢深部静脈血栓症などを診断する血管超音波検査、 胆石や腫瘍などを診断する腹部超音波検査などを行っています。神経生理検査では脳波検査や睡眠時無呼吸を調べる検査のほか様々な検査を行っています。

採血室

自動分析器

輸血検査

細菌検査

心エコー

ABI検査

血管超音波検査

心電図検査

専門認定

検査部では各領域に専門認定の資格を持った臨床検査技師が多数在籍しています。
ご不安・ご不明な点があればご遠慮なくご相談下さい。

認定団体名称 認定資格名称 取得人数
日本臨床検査同学院 二級臨床検査士(血液学) 1名
日本臨床検査同学院 二級臨床検査士(病理学) 1名
日本臨床検査同学院 緊急臨床検査士 3名
日本臨床細胞学会 細胞検査士 1名
日本超音波医学会 超音波検査士(循環器) 6名
日本超音波医学会 超音波検査士(腹部) 8名
日本超音波医学会 超音波検査士(産婦人科) 1名
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡技師 7名
日本医療環境福祉検定協会認定 医療環境管理士 1名

臨床工学部

臨床工学技士とは、厚生労働大臣に免許を受けて、医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作および保守点検を行う事を生業とする者を言います。

当科の業務内容は主に「腎センター業務」「心臓カテーテル業務」「手術室業務」「中央機器管理業務」になります。

腎センター業務

外来及び入院患者に良質な透析治療が安定して提供できるように、患者監視装置の操作・保守点検・水質管理・透析室の災害対策にも積極的に取り組んでいます。

透析室(腎センター)

患者監視装置

災害訓練の様子

心臓カテーテル検査業務

心臓カテーテル業務では、心臓カテーテル検査、冠動脈インターベーション(PCI)、EPS、心臓カテーテルアブレーション治療、ペースメーカー・ICD・CRTDの植込み手術において、ポリグラフを操作し、 心電図や心内圧の生体情報のモニタリング・記録・データ管理等を行ないます。また、必要に応じて、血管内超音波装置(IVUS)やIABP、PCPS等の機器の操作を行ないます。

手術室業務:人工心肺業務

心臓の手術をする際に心臓のポンプ作用・肺のガス交換を代行するために人工心肺装置を使用します。その準備、操作をしています。

人工心肺装置

手術室で操作中の様子①

手術室で操作中の様子②

中央機器管理業務

院内で使用している輸液ポンプ、シリンジポンプ、呼吸器などの管理をしています。
病棟で使用された機器類の清掃・消毒・点検をし、使用可能な状態にしておきます。

輸液ポンプ

シリンジポンプ

メンテナンスを終えた呼吸器

栄養管理部

栄養管理部では、患者さんの症状が1日でも早く回復できるように栄養管理と給食管理の2つの面から、管理栄養士をはじめ、栄養士・調理師・調理員みんなで協力し、美味しく心のこもった食事提供に日々努力しています。

専門認定

認定団体名称 認定資格名称 取得数
日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士 4名
日本病態栄養学会 病態栄養専門管理栄養士 2名
日本臨床栄養代謝学会 栄養サポートチーム(NST)専門療法士 1名

栄養管理


栄養相談

管理栄養士が、入院患者さんのベットサイドへ訪問し、1人1人の栄養管理を行っています。 また、NST・褥瘡回診・緩和ケア活動などで他職種との連携を取りながら、栄養面から患者さんの病状回復に努めています。 その他に、入院患者さんや外来患者さんへの個別栄養指導や糖尿病教育入院、生活習慣病教室、マザークラスなどの集団栄養指導も行っています。

給食管理

入院患者さんそれぞれの病態に合わせた食事や患者さんが喫食しやすい状態に工夫した嚥下食の提供をしています。また、季節に合わせた行事食や出産した患者さんへのお祝膳の提供も行っております。
※朝食メニューを2種類から選べるサービスも行っております。

栄養サポートチーム(NST)

NSTとは、Nutrition(ニュートリション=栄養) Support(サポート) Team(チーム)の頭文字をとった略語で「栄養サポートチーム」の事を指しています。患者さんに最適な栄養療法を行うために組織された医療チームの一つです。
当院では2015年にNSTが発足し、少しずつ活動の基盤を固めてきました。
当院のNSTには医師・看護師・薬剤師・管理栄養士の他、歯科医師・歯科衛生士・理学療法士・作業療法士が参加しております。栄養療法は基本的医療の一つで、治療の効果を高めるために非常に重要なものであり、NSTにおいて多職種がそれぞれの専門的な知識・技術を活かすことで、より患者さんに最適な栄養療法を選択することができます。

NSTの役割
  • 適切な栄養管理がおこなえているかを評価する。
  • 栄養管理方法の指導と提言をおこなう。
  • 栄養状態改善による治癒促進を図り、早期退院や社会復帰を助ける。
  • 栄養療法に伴う合併症の予防と早期発見をおこなう。
  • 職員の知識や技術の向上を図る。
NSTの活動
  • NSTカンファレンス(週1回)

    対象の患者さんの栄養状態や栄養管理方法が適切なものか、多職種で話し合います。

  • NST回診(週1回)

    NSTメンバーで患者さんを訪問します。食事摂取状況を伺ったり、栄養治療について説明したりすることもあります。

  • NST委員会(月1回)

    チームの目標や課題を設定し、チームを運営するためのミーティングを行います。

  • NSTリンク委員会(月1回)

    チームと各病棟をつなぐ役割を果たすリンクナースが集まり、各現場でより良い栄養管理を行うためのミーティングを行います。

  • NST勉強会の開催(月1回)

    今年度は感染症対策のため一堂に会すことは避け、NST便りを発行して知識の向上を図っています。

NSTの対象患者

当院NSTが携わるのは、入院時に特別な栄養管理の必要性があるとされた患者さんのうち、NSTが関わることで以下のような状態が改善すると期待される患者さんです。

  • 褥瘡(床ずれ)のある患者
  • 経腸栄養管理(胃ろうや経鼻チューブでの栄養管理)でトラブルのある患者
  • 食事摂取量の少ない患者
  • 栄養投与経路を移行する予定の患者
  • 創傷治癒遅延患者
  • 術前低栄養の患者
  • 必要栄養量の評価が必要な患者

その他、他職種の介入による栄養管理が望ましい患者さんに対して、主治医や担当看護師と相談し、栄養状態の改善に向けてチームで関わっています。

リハビリテーション部

リハビリテーション部では、365日毎日、積極的に、患者さんにリハビリテーションを提供しています。病気発症後直後の急性期から、症状が安定してご自宅生活されている方のお宅へ伺う、
在宅リハビリの分野まで幅広く業務を行っています。 具体的なリハビリの対象疾患は、脳血管疾患(脳梗塞や脳出血など)、整形疾患(スポーツ外傷・骨折、変形性関節症など)、循環器疾患(心不全、糖尿病性足潰瘍など)、 内科疾患(誤嚥性肺炎、慢性閉塞性肺疾患、腎不全など)、消化器外科疾患(開腹後、がんなど)となっています。
今年度リハビリテーション部のスタッフは、総勢46名(理学療法士33名、作業療法士6名、言語聴覚士5名、事務2名)で業務を行い、病気を患った患者さんに専門性を発揮できるよう、専門チームを構成しています。
この他に、リハビリテーション部では勉強会や症例検討会、全国の学会発表も積極的に行っています。病院周辺地域では、地域住民の方向けの健康講座や運動を実施しています。

心臓リハビリテーション

心臓リハビリテーション

作業療法

作業療法

スポーツメディカルチェック

スポーツメディカルチェック

※リハビリテーション部のホームページを立ち上げました。是非ご覧ください。

リハビリテーション部のホームページ

画面をクリックするとリハビリテーション部のホームページへリンクできます

  • あざみ野健診クリニック
  • 横浜シルバープラザ
  • 特別養護老人ホーム 緑の郷
  • 地域貢献送迎バス