腎センター

特徴・特色

当院では、透析導入前の腎不全保存期治療を内科で行い、透析導入から維持透析治療を泌尿器科で行います。
血液透析に必要な内シャント(ブラッドアクセス)の設置を行い、血液透析の開始から外来維持透析まで行います。内シャント(ブラッドアクセス)は自己血管、人工血管、長期留置カテーテルなど利用設置し、またその狭窄、閉塞などトラブルに対して血管造影検査や経皮的血管形成術(PTA)や再手術を行います。
腎センター透析室には22台の透析装置を配置し、血液透析を行なっています。外来維持透析のほかに、他の疾患で手術や入院治療が必要になった方々の透析管理を行っています。2013年4月より、オンラインHDFを導入しました。
ICUでは急性血液浄化やアフェレーシス、24時間持続透析などを施行します。

月・水・金 2クール 9:00~、14:00~
火・木・土 1クール 9:00~

医療設備

人工透析

人口透析

2013年4月よりオンラインHDFを導入しました。最新の人工透析装置をフルに活用し、急性、慢性の末期腎不全の治療に当たり、社会復帰へのサポートをしています。



常勤医師紹介

役職 名前 経歴・資格 専門分野
センター長 志村 哲
  • 北里大学(S62卒)
  • 北里大学病院
  • 米国ベイラー医科大学
  • 北里大学非常勤講師
  • 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
  • 日本泌尿器科学会泌尿器科指導医
  • 日本透析医学会透析専門医
  • 日本性機能学会専門医
  • 泌尿器科疾患一般
  • 尿路生殖器癌
  • 男性機能不全
  • 透析

外来担当医表