形成外科

特徴・特色

形成外科は再建外科であり、先天性の外表異常から外傷まで、形成外科専門医が幅広く対応いたします。熱傷・顔面外傷(骨折含む)・手の外傷を扱っています。近年、皮膚悪性腫瘍の増加に伴う再建手術も積極的に行っています。口唇裂・口蓋裂などの先天異常の治療も扱っています。

対象疾患

外傷・潰瘍 熱傷(やけど)、顔面骨骨折、外傷(けが)、陥入爪、巻き爪の治療。
腫瘍 皮膚の腫瘍:ほくろ、血管腫、皮膚癌、頭頚部腫瘍(耳下腺、顎下腺などの腫瘍や癌)、その他、軟部組織腫瘍や癌の治療。
先天異常 口唇口蓋裂、手、足の先天異常、臍の奇形、あざの治療、外から見える奇形の治療。
美容外科 美容皮膚科、アンチエイジング、ヒアルロン酸注射、重瞼術、アイバッグ、腋臭症。
顔面 鼻変形、鼻弁狭窄による鼻閉、眼瞼下垂症、一重まぶた、逆さまつげ、顔面変形、眼窩骨折。
再建手術 腫瘍切除後の再建手術。頭頚部手術後、乳癌術後の変形に対する治療。
手の外科 手の痛み、シビレ、運動障害、変形の治療。(バネ指、手根管症候群、ドケルバン病、デュピュイトラン拘縮、骨折、腱断裂、神経麻痺など)


外来担当医表

 
午前 -
  • 宮脇剛司(9:15~)
- - - -
午後 - -
  • 積山真也
-
  • 牧昌利
-