皮膚科

特徴・特色

  • 皮膚は人体を被い、外界の種々の刺激から身を守っている大切な臓器です。皮膚疾患は、周囲の人達の目に見える症状をとるため、患者様の精神的不安や美容的見地からの悩みなどに対しても、患者様の立場に立ったご説明を心がけております。
  • 病理組織検査や画像検査、ダーモスコピー検査等を用い、より的確な診断が可能です。

疾患・治療紹介

帯状疱疹

帯状疱疹は、体の片側に起きる強い痛みと、痛みがある部分にできる帯状の赤み、ブツブツ、水ぶくれが特徴の病気で、子どもの頃にかかることの多い「水ぼうそう」のウイルスが原因で起こります。帯状疱疹の治療の基本は「抗ヘルペスウイルス薬」の内服です。痛みや炎症がひどい場合は、入院治療も行なっています。
その後に生じる神経痛についても、必要に応じて鎮痛剤等にて治療を行っていきます。

皮膚癌

皮膚癌、特にホクロの癌は、早期発見が第一です。
皮膚の小腫瘍、ホクロ等の切除手術を外来で受けることが可能です。(*大きさ、部位によっては、形成外科にご紹介いたします。)

尋常性乾癬

・現状
日本では欧米ほどの頻度は高くありませんでしたが、昭和40年頃から日本でも患者数は増え始め、現在約10万人とも言われております。乾癬は、皮膚が赤くなり盛り上がり銀白色のふけが多量に付着します。好発部位の頭や被髪頭部の皮疹は目に見え、ふけが多く出ます。その後、慢性に出没を繰り返し次第に全身に拡大します。爪が傷害されると白く濁り破壊されます。皮膚症状のほか、関節の症状、ときに発熱や全身倦怠感を訴える場合もあります。
・生物学的製剤の適応
次に示す20歳以上の成人で、全身療法を考慮する重症例が対象になります。
1.尋常性乾癬で、既存の全身療法で十分な効果が得られない、治療抵抗性の難治性皮疹または関節症状を有する、対表面積10%以上の広範囲の病巣を有する方。
2. 乾癬性紅皮症・汎発性膿疱性乾癬(広範囲の病巣を有する)の方。
・高い臨床効果の一方、副作用として細菌性肺炎や肺結核など重篤な感染症の発現が危惧されています。そこで日本皮膚科学会では、“乾癬における生物学的製剤の使用指針および安全対策マニュアル”が作成され、それに準じて行います。当科も生物学的製剤承認施設として正式に認定されております。
・生物学的製剤の使用法に関して
当院では2種類(商品名:ヒュミラとレミケード)あります。両者の主な違いは投与法であり、前者の皮下注射に対して後者は静脈注射です。皮下注射は投与時間が短いですが2週間に1度注射します。一方、後者の静脈注射は原則1回2~3時間と投与時間が長くなります。初回投与後は2週間、6週間、それ以降は2ヶ月に1度となります。
・生物学的製剤の費用・副作用など
本薬は高価であり、年齢や加入する保険により異なりますが、例えば70歳未満の一般所得者の場合、ヒュミラにて初年度約42万円、2年目以降は26万円で、治療費は“高額療養費制度”の適応になります。ヒュミラの臨床効果は、投与開始2回目で49%、6回目以降は72%の患者さんが改善します。点滴で確実に血中濃度が上昇する、体重あたりの投与量が異なるためです。しかし、一旦抗体が作成されると効果が落ち、必要に応じて他剤へ変更します。

水虫

水虫は、白癬菌というカビ(真菌)の一種による感染症です。白癬菌はあらゆる所に存在しており、皮膚や爪に繁殖する事でおこります。
白癬の治療方法は、外用薬と内用薬があり、治療期間は約3~6ヵ月間、根気強く治療する必要があります。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎についてはまず症状や経過、アトピー素因の有無を中心に、必要に応じて血液検査なども参考にして総合的に診断します。
その上で日常生活上の注意、薬の副作用のご説明も含め、患者様と充分にコミュニケー ションをとりながら定期的に治療いたします。症状に応じて他院での専門的治療をご紹介しています。

検査紹介

「ダーモスコーピー検査について」

皮膚の疾患は、外表の見た目だけで診断されるものではありません。患者様の皮膚を診察する際、皮膚科医は、常に外見の下で起こっている皮膚細胞の変化や配列状態を想像しながら診断を進めていきます。ダーモスコーピーは、皮膚に密着させ、直接光を当てることによって、より深部の細胞の状態を把握しやすくする機械で、皮膚にゼリーをたらして、カメラのような機械を載せるだけです。痛みは、まったく伴いません。以前では分かりにくかった、小さな皮膚癌の早期発見などにも役立ちます。「気になっているホクロがある。」「爪に黒い線が入ってきた。」などお気軽にご相談下さい。但し100%病名を確定できませんので、必要に応じて病理組織検査を行います。


常勤医師紹介

役職 名前 経歴・資格 専門分野
部長 鈴木 琢
  • 東邦大学(H10卒)
  • 東邦大学大橋病院
  • 新潟厚生連佐渡総合病院
  • 河北総合病院
  • 日本皮膚科学会認定専門医
  • ヘルペス感染症
    (帯状疱疹後神経痛を含めて)
  • 真菌感染症(爪白癬など)
  • 褥瘡
  • 尋常性乾癬
医員 鈴木 里沙
  • 日本大学(H19卒)
  • 東邦大学大橋病院
  • 皮膚科一般

外来担当医表

 
午前
  • 鈴木琢
  • 鈴木里沙(9:30~)
  • 鈴木琢(9:00~9:30)
  • 鈴木里沙(9:30~)

 

  • 鈴木琢
  • 鈴木里沙(9:30~)
  • 鈴木琢

12.26日
  • 鈴木里沙(9:30~)
  • 鈴木琢
  • 鈴木里沙(9:30~)
7日
  • 鈴木琢

 

21日
  • 鈴木里沙

 

14.28日
    • 加藤雪彦
午後
  • 鈴木琢
  • 鈴木里沙
-
  • 鈴木里沙
5.19日
  • 鈴木里沙

12.26日
  • 鈴木琢
  • 鈴木琢
-